浴室をバリアフリーにするべき部分

>

ヒートショックを防止する為にはどうするべきか?

子供向けの浴室にする

小さい子がいる家庭でも浴室のリフォームをするのが増えてきています。
その理由の一つとして考えられる事は、子供の安全の為と怪我の防止です。
小さい内から、バリアフリーにする事により、前の記事でも説明したと思いますが、浴室での転倒を防ぐ事が出来ます。

それに、赤ちゃんでも安心して浴室の床に置けるようになりますし、子供が喜ぶリフォームをする事により、結構苦手とされるお風呂タイムが楽しむ物になり、お風呂タイムが楽しくなると思います。
そうする事で、子供が大きくなってからでも一人で入っても怪我をする事なく、安心して入る事が出来ます。
子供向けの浴室のリフォームの中には、壁紙を優しいカラーにしたり、壁に落書きが出来るようにするなどして子供が遊べるようにしています。

使用する素材を変える

近年では様々なアレルギー体質を持つ子供が増えてきています。
なので、中にはハウスアレルギーの中でも壁紙や床の素材に過剰に反応してしまうアレルギーを持つ子供達がいるのです。
そのような子供を持つ家庭では、早くから浴室のリフォームをするそうです。

そのついでとしてバリアフリーにする事で怪我の防止に努めています。
アレルギー対応の壁材や床材などがあり、その子のアレルギーを除いた素材で作るそうです。
バリアフリーにする理由についてですが、子供も意外と小さい段差で躓いたりするみたいで、誤って浴室の中に顔から入ってしまうと、小さい子だと水を飲んでしまったり、溺れたりするのでその危険から守る為に、段差をなくす事があります。